レスポンシブデザインとは?

レスポンシブデザインとは、デバイスの画面サイズに依存しないwebサイトを構築する手法です。言い換えると、デバイスのウィンドウ幅に「responsive(良く反応)」して、見やすい表示に自動で切り替える仕組みを持つデザインのことです。

レスポンシブデザインの特徴

レスポンシブデザインを採用すると、PC用サイトとモバイル用サイトを別々に作る必要がありません。共通のwebサイトを1つ構築して、URLやHTML(画像やテキストを表示するために必要なコード)も、ページごとに1種類ずつ用意すれば良いのです。このサイト構造のシンプルさがレスポンシブデザインの特徴であり、数々のメリットをもたらす要因となっています。

なぜ、1つのHTMLで、各デバイスに合わせた表示ができるのかというと、表示幅などのデザインはHTMLではなく、CSSというファイルでコントロールするからです。 レスポンシブデザインは、増加するモバイルユーザーに「見やすく使いやすい」サイトを提供する有効な方法です。Googleもモバイルフレンドリー化やマルチスクリーン対応につながるレスポンシブデザインを推奨しており、運営者にとってもサイト管理がしやすくなるなどのメリットがあります。ご不明な点がございまいたら、お気楽にご相談ください。